ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

東京独身男子 3話 感想

とりあえずいけるところまで勘違いを加速させていくスタイルなんだろうか。高橋一生が様々な小技を効かせて一生懸命に太郎を愛らしく見せようとしているのに「オンリーワンの2番目」の台詞でそんな努力もこっぱみじんである。太郎のことが愛せない。推しキャラにしたいのになかなかならないよう。しくしく。

一方でなんだか透子(桜井ユキ)の手のひらで転がせられそうな岩倉(滝藤賢一)と三好(斎藤工)であるが、こっちもこっちでどうなろうとどうでもいいというか大して興味が湧かない。

なんでだろうと考えてみるに、どの登場人物にもどうにも愛着が持てないからだという結論に至る。男性3人はあえてダメ野郎達としてこれでもかと狙って描写しているのであろうが若干ダメの方向性がズレている気がしてならない。なんかそっちじゃないっていう。それに加えて女性陣も魅力的に見せることに失敗している。どの女性も架空の人物感が半端ない。キャラクターが“生きて”いないのだ。なので誰がどうなろうと知ったこっちゃないって感覚にどうしてもなってしまうんだよなあ。

ただストーリー的にはこれからどんな流れになるのか全然予想は付かないので、その予想の付かなさに希望を持って視聴していきたい。面白くなればいいな!!