すききらい

エンタメの個人的な好き嫌いを語るブログ。好き多め。

グッドワイフ 5話 感想

毎回毎回高いクオリティを保ちますな。今回でよりチーム感も高まりますます今後の展開が楽しみになる5話。法廷シーンはなかったが、2件の離婚話を同時進行させながら巧みに展開していくストーリーは変わらず見応えがあった。回が進むごとに脇坂(吉田鋼太郎)の小物感が際立つのも面白い。なぜか憎めないキャラクターで、こういう役吉田鋼太郎上手いなあ。対比するように壮一郎(唐沢寿明)や多田(小泉孝太郎)の正体は謎めいたままだ。黒だと思えば白、白だと思えば黒になりそうな登場人物が壮一郎や多田以外にもごっそりいる本作は片時も目が離せないのである。来週はついに壮一郎が保釈されるようだ。杏子(常盤貴子)は壮一郎とじっくり向き合わざるを得なくなりどうするのか、多田の動きも気になるなあ。今後の展開が本当に楽しみ。