すききらい

主に連ドラたまに映画の感想(好き嫌い)を語るブログ。

天国と地獄〜サイコな2人〜 4話 感想

f:id:nao0911s:20210212175155j:image

正直さーあんまり面白くないかもなんて思っちゃってた。

大好きな高橋一生の入れ替わりのお芝居は見ててとっても楽しいし、

最近お目にかかっていなかったコミカル一生も存分に満喫出来るし、

高橋一生好きにはたまらんドラマなだけに、

微妙な面白くなさがしんどって思ってた。

 

 

 

でもね。

 

 

 

やっと面白くなってきた。

 

 

 

やけにスロースターターだったわ。

というか、面白くなってきたけど展開がスローだわ。

巷では大絶賛なだけに、きっとこれは好みの問題なんだろう。

 

さて物語は、1話の最後で彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の入れ替わりが起き、

2話では日高になってしまった彩子が、とりあえずは逮捕されないようにとすったもんだあり、そんな中八巻(溝端淳平)が入れ替わりに気付き、

3話では日高が故意に落とした重要証拠になりうる皮手袋をめぐって八巻が奮闘したり、日高の彩子が奄美大島に行って日高が奄美大島に何らかの関係があることを知ったり、そんな中彩子の日高が殺人を犯したっぽい画像が日高の彩子に送られてきて、

 

そして4話。

 

彩子の姿で殺人が行われたことで、もう元に戻ったところでどうにもならなくなってしまった彩子。

途方に暮れるも、日高の彩子は、日高として社長の役割もこなさなければならない。

 

全然出来ない。

 

社長全然出来ない。

 

思わず警察の肩を持って取引先を怒らせてしまったり、

社員にどうしてしまったのかと咎められる始末。

 仕方なく日高の彩子は、階段から落ちて記憶が曖昧になってしまったことにする。

 そうと知った社員は不信感から一転、心から日高を心配する姿を見せ、 

記憶障害と聞いた妹の優菜(岸井ゆきの)も心配して連絡をしてくる。

妹は言う。みんなが優しいのはお兄ちゃんが優しいからだと。

 

日高って一体何者なんだ。

 

戸惑いを感じる彩子。

 

そこに彩子に疑惑を持つ河原(北村一輝)が絡んできたり、

血まみれの防護服を見てしまった陸(柄本佑)が絡んできたりするが、

 

そんな色々を乗り越えるために仕方なく協力関係を結びながら、

少しづつお互いのひととなりを知っていくにつれ、

だんだんと信頼関係が出来ていく彩子と日高。

 

小出し小出しで出てくる真実の要素も今のところ、何かの事情で日高が殺人を請け負っているのか、それとも殺人すらしていないのか、日高自身が二重人格なのか、日高の大切な誰かが二重人格なのか、後ろで操る誰かがいるのか、全く判別出来ない。

 

しかし、ようやく物語が動き出したのだ。

 

俄然、5話が楽しみである。

ようやく物語も楽しむことが出来そうで、本当に良かった。

次回からは思う存分、ドラマも、高橋一生も味わい尽くすのである。

俺の家の話 1〜3話 感想

f:id:nao0911s:20210206184855j:image

もう、今回のクールでナンバーワン間違いないだろうな。

本当に

面白い!!

 

42歳の落ち目のプロレスラーである寿一(長瀬智也)が、人間国宝で25年前に家を出たきり会っていない父・寿三郎(西田敏行)が危篤と知って家に戻り、父の介護やら何やらに奮闘していくという話。

 

テーマとしては重い話ばっかりなのに、

重くなり過ぎない。

でもしっかり伝わることは伝わる。

 

今、ドラマを主に観ているであろう所謂中年の世代には切実でたまらない内容が満載過ぎて、

それをこんな風に見事に描写してくるクドカンに敬服です。すごい。

 

能という伝統芸能を引き継ぐ責任と、それを維持することがどういうことかという現実と、お金の問題。

死が身近に迫ったときの”引き際”の問題。

介護の問題。

中年期になり嫌でも向き合わなければいけない人生の問題。

 

いずれ向き合わなければいけないけれど、みんなが避け続けてしまうようなことばかりを、

これでもかと持ってきて、

それを見た目軽やかに描いていく筆致。

クドカンにしか紡げない、唯一無二の物語になるのだろうな。

 

1話も2話も面白かったが、

3話があらゆる意味で本当に面白かった。

見どころがたくさんあり過ぎるので箇条書き。

 

・介護は”イベント”と思って。

・退院のプレゼント「スタップ細胞?」じゃなくてシルバーカー。

・プロレスしながら能もしたいという寿一(長瀬智也)に「ケガでもしたらどうすん      の?」と咎めながらウーバーイーツ的なバイトでバイクに乗って配達に向かう寿限無(  桐谷健太)。

・誰にもバレずに復帰する覆面レスラー「スーパー世阿弥マシン」。

・能で振り返るさくら(戸田恵梨香)の家の話。

・実は全部分かってる寿三郎(西田敏行)。

・元妻の妊娠に動揺する寿一。

体幹でつながる能とプロレス。

・スーパー世阿弥マシンごしに初めて寿三郎から褒められる寿一。

・寿三郎の本当にやりたいことは「もう一度舞台に立つ」。

 

コミカルに軽やかにリズミカルに描かれるひとつひとつの要素が濃い!

 

今後は寿限無や寿一の兄弟やその家族にもそれぞれスポットが当たっていくのだろうが、やはり寿一の歩む人生に、寿三郎が畳む人生に、注目していきたい。

 

とてもとても愛おしい大好きなドラマになる予感だ。

にじいろカルテ 1〜3話 感想

f:id:nao0911s:20210205182320j:image

1話を観た時点では、あーなんか微妙だな。

村人全員善人過ぎて逆に怖いし、なに?この村に何の秘密があるの?

って思った。

 

2話では、診療ミスで危うく命の危険がって展開で、ありゃこれはありきたりな医療ドラマになるのかね、ちょっと主人公が病気でってことくらいでそれ以外は凡庸なドラマだな。感想は書かなくていいかなって思ってた。

 

 

 

あまかった。

 

 

私あまかったよ。

 

 

すいませんでした。

 

 

 

3話えげつない。

 

 

 

参りました。

 

 

泣きました。

 

 

このドラマは”人間賛歌”だ。

描かれる世界観は岡田惠和の相変わらずのファンタジー感溢れる優しい世界で、リアルとは程遠い世界だ。

しかし主人公や村のみんなが抱える悩みは、とてもリアルだ。

 

3話では、1話からうっすら違和感を感じさせていた村の住人雪乃(安達祐実)が実はまだら認知症で2週間ごとに記憶がリセットされるという事情が明かされる。

雪乃は2週間ごとに自分が誰なのかすら分からなくなってしまう。

それを同じく住人の嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)が0から丁寧に雪乃に説明する。

雪乃は3年前から認知症であること。

自分達と雪乃はずっと前からの知り合いであること。

雪乃がこの村で生まれ育ちとても愛されていたこと。

丁寧に丁寧に雪乃に伝えていく。

 

そうして雪乃に語りかける中で、嵐も、氷月も、それぞれに抱える思いを吐露する場面がある。

そうやって雪乃にありのままの姿を見せることで、一緒に頑張っていこうというメッセージを届けることが目的なのだろうが、それぞれに抱えるものの切実さと、リアルさに胸がぎゅうっと締め付けられる。

今回そこに初めて加わることになった真空(高畑充希)も、自分の正直な思いを打ち明ける。病気が進行していることを認めたくない思い、周囲には平気な振りをしてしまうこと。

それぞれが自分の思いを打ち明けることで、雪乃の心が開いていって、打ち明けたみんなの心も浄化されていくようだった。その場面のひとつひとつが美しかった。

 

そうして、丁寧に丁寧に雪乃の心を落ち着かせたところで、

初めて雪乃は夫晴信(眞島秀和)と向き合うことが出来る。

 

しんどい。

晴信はしんどい。

 

それでも村のみんなの力を借りて、晴信は雪乃と一緒に生きていく。

 

そんな一連の全てが尊い

 

どんな人も、

病気があっても、

なくても、

男でも、

女でも、

若くても、

若くなくても、

お互いに作用し合っている。

 

この閉鎖的な山奥の村というシチュエーションであることで、

一層それが際立っている。

 

とても、素敵なドラマだ。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で 1〜4話 感想

f:id:nao0911s:20210203210125j:image

毎回毎回もはやつっこみどころしかないストーリーを繰り広げ続ける”ボス恋”であるが、

私はこのドラマをとても楽しんでいる。

 

 

それはなぜか?

 

 

玉森裕太にキュンキュンするから?

 

 

いやいや。

 

 

間宮祥太朗の渋さがたまらないから?

 

 

ノンノン。

 

 

 

 

 

それはね。

 

 

 

 

 

菜々緒様が素敵過ぎるからだよっ。

 

 

 

 

 

ただただ、あの菜々緒様を愛でたくて愛でたくて仕方ない。

 

ハイセンスなファッションに包まれた格好良い立ち姿を、

 

奈未(上白石萌音)をひたすら邪険に扱うそのサディスティックな言動を、

 

”恋には奥手”をもろに体現したかのような宇賀神(ユースケ・サンタマリア)に対する挙動不審さを、

 

その一挙手一投足を、

 

 

 

 

見守りたい。

 

 

 

 

これはきっと完全に作り手の手中にはまっているのだろう。

 

しかし、それでもいいのだ。

それくらい、本作の菜々緒は魅力的だ。

 

もちろん、主役の上白石萌音もとっても可愛い。

 

これから上白石萌音玉森裕太間宮祥太朗の三角関係がどう進展するのかも気になる。

 

特に間宮祥太朗は、映画「殺さない彼と死なない彼女」を観てから大好きになって、これからも出演作はずっと追い続けようと思っているくらいだ。

 

でもね。

 

そんな間宮祥太朗だって菜々緒の前では霞んでしまう。

 

 

菜々緒が素敵。

 

 

菜々緒が最高。

 

 

ユースケ・サンタマリアにいつか思いを伝えて、

 

恥ずかしそうにでも真剣に佇む菜々緒を、

 

今から楽しみに楽しみにしているのだ。

 

 

あぁ早く、火曜日が来ないかな。

 

待ち遠しいな。

 

 

早く、菜々緒に、会いたい!!!

知ってるワイフ 1〜3話 感想

f:id:nao0911s:20210123181841j:image

面白い!!

 

1話では主人公の元春(大倉忠義)が最悪過ぎてイライラしっぱなしだったのであるが、その最悪さこそがこの物語のスタートとしてふさわしかったのだ。

 

剣崎元春は妻の澪(広瀬アリス)と2人の娘がいる。夫婦仲は最悪。澪はことあるごとにすぐキレる。しかし、キレを誘っているのは間違いなく元春。そのことには一切気付かずに元春はそんな澪に不満を溜め込んでいた。

元春は仕事に対しても、家庭に対してもとにかく無責任。何かあれば全てを誰かや何かのせいにするような自分本位な性格だったが、元春自身は自分の責任なんて感じることは一切なくひたすらに文句を言っている。

分かりやすく言うと元春はそんな人物。

もう離婚したいと同僚や友達に漏らす元春はある日、怪しい人物に渡された500円硬貨で過去にタイムスリップしてしまう。

一度目では自分自身には大きな変化はなかったが、二度目のタイムスリップにより元春はついに澪とは出会わない道を自らの手で選択する。

 

二度目のタイムスリップから現代に戻ると、元春は大学時代に好意を持ち向こうからも好意を持たれていたチェロ奏者の沙也佳(瀧本美織)と結婚していた。

実家が資本家である沙也佳との結婚で、元春は立派な家に住み高級な車を持つ以前とは全く違う暮らしを送っていた。

なぜか人生が変わっても元春は以前の記憶を持ち続けており、戸惑いながらも変わった第2の人生を楽しもうとしている。自分の選択で澪と出会わない道を選んだことで娘2人も存在しなくなってしまった事実に少ししんみりするもすぐ立ち直る。相変わらずクズな元春だ。

しかし元春が勤めるあおい銀行世田谷支店に、なぜか澪が転勤でやってくる。

あれこれはどーいうこと?なんで澪が来るの?何なの?

そんなパニック状態の元春だが、澪は元春のことは全く知らない様子である。

 

はい、ここまで長いプロローグ。

 

ということで1話から2話の序盤まで費やしたこのプロローグにより本作を脱落した視聴者も多かっただろうが、ここから動き出した物語がとても面白くなりそうな予感なのだ。

 

最悪だった元春は人生は変わっても中身はそのままなのであるが、なぜかどうしても関わることになってしまう澪との交流を通して、ひとつひとつ過去を振り返っていくことになる。

”あんなにキレていた澪が、笑っている”

”ああ、そういえば澪はいつも笑っていたっけ”

そんな風に関係が最悪になる前の澪を、現在の”元春とは出会わなかった澪”との関係を通して思い出していくのだ。

そして避けようとしても関わらないようにしても、どうしても近づいていってしまう澪との距離感に元春は複雑な色々な感情を抱いていくようになる。

そのことは元春が自身を振り返るきっかけにもなって…。

 

出だしが最悪だっただけに、元春が自分で色んなことに気付いて変わっていくであろうことが予想出来る展開が心地よく、期待してワクワクして見入ってしまう。

 

そして、人生が変わっても会社も職種も何一つ変わっていない元春に対して、家事育児しながらなんとか時間を工面してレストランのアルバイトをしていた澪は元春と結婚をしていない世界では銀行で正社員としてバリバリ働いているし、沙也佳は元はチェロ奏者として世界的に活躍していたが、元春と結婚している世界では専業主婦として過ごしたまに大学のチェロ講師をしている程度になっていて、同期の活躍を耳にして複雑な思いを抱いている。

結婚して変わらざるを得ないのは女性だけなのだと、現代的な問題点にも重きを置いていて、この先の展開に俄然興味が湧いてくる。

 

違和感だらけの大倉忠義の髪型にも愛着が湧いてきて、とにかく先の展開が気になる次週が待ち遠しいドラマなんだよっ。

天国と地獄〜サイコな2人〜 1話 感想

f:id:nao0911s:20210118015420j:image

序盤から、

マスクしたり、

マスクしなかったり、

違う意味で視聴者を翻弄する本作。

 

ちょっとスーパーに買い物に行くだけでも、マスク忘れてることに気付いたら買い物しないでトンボ帰りするくらいに、マスクしないなんてあり得ない日常を過ごしてる身にとっては違和感だらけの世界観。

 

こんな中途半端に扱うならコロナのないパラレルワールドでドラマを展開させてくれたほうがよっぽど集中して観れますやん。

 

と、前半はそっちが気になってなかなか気持ちが入らなかったよっ。

 

作り手の都合もわんさかあるだろうが、コロナをあったことにするなら、もうちょっと視聴者のリアルに寄り添ってくれい。

 

と、コロナ描写の愚痴を吐かせて頂いたところで。

 

1話を観て今後どうなるか気になりそうだなと思ったポイントが2つ。

 

 ①大袈裟なくらいに強調された男社会である捜査一課。

 

とにかく男性優位の社会であるということを、これでもかと強調する捜査一課の場面が繰り返される。

課内には彩子(綾瀬はるか)以外には女性は全く見当たらず、河原(北村一輝)の一発アウトなセクハラもここでは全く問題にならないし、彩子の成果は全て河原に持っていかれるが、そうなるのは河原のせいだけではなく決定権を持つ管理官の五十嵐(野間口徹)の采配でもあって、ここで彩子が活躍するのはかなり難しいという雰囲気を与えている。

なぜ彩子がここまで鼻息荒く空回りしながらも頑張らなければいけないのかを、この捜査一課の一連の描写で嫌というほど思い知らされてうんざりもするわけだが、

なぜかサービスショットですとでも言うように彩子のバックショットをお尻を強調して見せたりもして、作り手の意図がよく分からない。

しかし、たぶんここまで意図的に男性優位社会を描くということには確実に狙いがあるわけで、入れ替わった後の展開にも関わってくるのだろう。

  

 

②意味ありげな冒頭のアニメシーンと高橋一生が纏う空気感。

 

冒頭の唐突なアニメシーンと流れる高橋一生のナレーション。

ここだけで「ん?」ってなった人たくさんいると思うが、

そこからストーリーが進むにつれて、陽斗(高橋一生)の怪しげな目や雰囲気の裏で常に纏わりついている空気みたいなものに違和感を感じて

「あれ?これ高橋一生サイコパスな殺人鬼じゃないよねたぶん」

ってなったよね。

入れ替わった後のお芝居もさすがだったけど、そんなに出番の多くない中で陽斗に対する”サイコパスな殺人鬼”という触れ込みに違和感を植え付ける高橋一生すごいな。

 

 

雑な場面も多かったように感じる1話だが、これからの展開が楽しみ過ぎる。

毎週日曜日が待ち遠しくなるなー。

連ドラ 高橋一生ベスト5

楽しみな「天国と地獄~サイコな2人~」が始まる前に、地上波連ドラの好きな高橋一生をランキングするという試みが唐突に始まるよ。

 

 

1位 「僕らは奇跡でできている」の相河一輝

f:id:nao0911s:20210112193329j:image

 2018年 フジテレビ 脚本:橋部敦子

 面白くないと思う人もいっぱいいただろうなーと思う地味な作品だが、このドラマで演じた相河一輝という人物のことを高橋一生自身もとても好きだったろうなーと感じるのだ。なかなか周囲に合わせることが出来ない主人公が知っている”人生に本当に大切なこと”を、登場人物達とともに知っていく優しい物語であり、その主人公・相河一輝を本当に魅力的に演じていたなー。

 

 

2位 「おんな城主直虎」の小野但馬守政次

f:id:nao0911s:20210112194603j:image

2017年 NHK 脚本:森下佳子

 とにかくずっと不憫な政次だが、それが不幸ではないということを、ただ直虎のために生きることが出来て幸せだったということを、ここまで見事に体現してみせる高橋一生にひたすら熱くなること間違いなしなんだよっ。 

 

 

3位 「Woman」の澤村友吾

f:id:nao0911s:20210112193002j:image

2013年 日本テレビ 脚本:坂元裕二

 高橋一生を初認識したのがこの「Woman」だ。満島ひかり演じる難病のシングルマザーの主治医として、淡々と接しているように見えながら患者のことを深く考えている心の温かい医師を好演していた。とにかく高橋一生は”内に秘めた熱い何かを持っている人”のお芝居がとてつもなく良いのである。

 

 

4位 「カルテット」の家森諭高

f:id:nao0911s:20210112193015j:image

2017年 TBS 脚本:坂元裕二

 堂々とメインキャストを張り、一気に世間の知名度を上げたこの「カルテット」では、うまく生きられない様を絶妙にコミカルに、滑稽に、そして悲しく、なんとも味わい深く見せてくれていた。役柄的にも家森という人物が一番救われないというか、悲しいキャラクターだったから余計に心を持っていかれてしまったんだよな。

 

 

5位 「みかづき」の大島吾郎

f:id:nao0911s:20210112193028j:image

2019年 NHK 脚本:水橋文美江

 観ている人少なそうだけれども。森絵都の小説「みかづき」のドラマ化で、塾を舞台にした作品。高橋一生は教えることに天賦の才がある大島吾郎という役で永作博美と夫婦になってともに塾経営をするっていうね。そんな中で時代背景とか家族とか、色々ひっくるめた半世紀をドラマではものすごい駆け足で見せていく。波乱万丈な半生を全5話でやんなきゃいけないから、それはもうものすごーい駆け足で。それでもすごいスピードで何年経っても、その何年後の大島吾郎がそこにいるっていう高橋一生の凄みを改めて感じたりね。今までのどの役柄とも違う、ふんわりした適当で掴めなくて、でもどこか芯のある人柄を楽しそうに演じておられました。そして妙にセクシーでした。

 

 

 

以上連ドラ限定で好きな高橋一生をランキングしましたとよ。

映画の高橋一生も沢山観たけれど、ランキングするほど好きな役柄が多くないので、それは未来に期待しよっ。

年末のNHK「岸部露伴は動かない」も面白かった!!

 「天国と地獄」も待ち遠しいが、今年はあとどんな作品に出演するんだろう。

2013年から追い続けて、いつか連ドラで主役やらないかなーなんて思ってたら、いつのまにか主役やるようになって、映画にいっぱい出るようになって、色んな俳優さんと共演して、推しとしてこんなに嬉しいことはない。しかし、次から次へと欲は出てくるもんで。例えば「民王」以来に菅田将暉とがっつり共演してる作品を観たいとか、大河の主役いつかなーとか、舞台とか、この監督さんの映画にいつか出ないかなーとか、観たい高橋一生が尽きない。

 

とりあえず、健康で長生き。それが大事。

推しのために、たくさん寝て、運動しよ。