ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、ビール片手に。

僕らは奇跡でできている 10話 最終話 感想

宇宙まで行っちゃった最終話。全話通して本当に良いドラマだった。高橋一生最高だったなあ。

樫野木(要潤)の言葉で深く傷付いた一輝(高橋一生)が閉じそうになりながら逃げそうになりながら、祖父の一言をきっかけに森で一人考えて出した答え。長い間ずっと閉じていた心を少しずつ開いたその先の一歩を、一輝が踏み出した瞬間。痛みも辛さも光。長い尺を使って沢山の回想シーンを使って丁寧に一輝の心を描いた。

「ジョージ 今 幸せ?」

そう聞いた一輝に答えるようにジョージが一輝の体によじ登る。そうして静かに一輝は決意する。これからも他人と関わることをやめないと。光を広げていくと。他人とうまく関わることが出来ない人にとって、いつも否定されたり変わっていると言われたり、みんなの言う普通が何かってことが良く分からなかったり、そういう人にとって、そういう自分のままで、他人と関わり続けることがどんなに怖くてどんなに勇気を必要とすることかを優しい目線で丁寧に描いた。そしてそうじゃない人、世間的には常識人と言うような人達だって辛いことや向き合いたくないことがいっぱいあって、そんな人達が関わり合って影響し合って、お互いに作用していくさまを何とも魅力的にみせてくれた本作。とにかく根底に“そのままでいい”がずっと流れていて、鮫島教授(小林薫)の「ただ そのものを生かしきること」の台詞にも表れているように、本質はただ一点それだけなんだと伝えてくれているように感じた。というか今期のドラマのけもなれも中学聖日記もほぼほぼそんなことが強く伝わるドラマで、一周回ってみんなそろそろ人目から解放されて本来の自分で堂々と楽しく生きてこうよ迷惑かけて迷惑かけられて生きていこうよって流れに世の中が向かっていくのかなと個人的には明るく思いました。

一輝や沼袋(児嶋一哉)のコンチューバーを通して自分の好きなものやことの面白さを伝えることの面白さに気付いた新庄(西畑大吾)、宇宙に行くことを鮫島教授の次に育実(榮倉奈々)に伝える一輝、大河原さんという架空の人物を駆使して母親として愛情を注ぎ続けた山田さん(戸田恵子)、そのことにずっと気付いていた一輝、一緒にフィールドワークする一輝と樫野木、他にも最終回は素敵なエピソードがたくさんあったな。

終わってしまって寂しいが、また次の魅力的な高橋一生を見れることを期待していよう。本当に素敵なドラマでした。

今日から最終回ラッシュ

秋ドラマも今週から次々と最終回を迎える。今期は楽しく観てるドラマが多かったので終わってしまうのが寂しい気持ちでいっぱいだ。

20代はほとんどドラマというかテレビ自体を見ない時期も多くて、名作ドラマもいっぱい見逃してきたろうなと思う。今の時代配信で昔のドラマもどんどん観ることが出来るのだが、やっぱりドラマというものはその時その時の時代背景を如実に表しておりリアルタイムで観るのが一番楽しいような気がするのだ。感情移入の度合いが違うというか。もちろん名作はいつまで経っても名作に変わりはないんだけれどね。

なので今、少し時間に余裕が出来て毎日子供が寝た後に大好きなドラマを観ることが出来るという日々が楽しくて仕方ない。昔「24」にがっつりハマって夜通し観ていた時期があり、その後も「プリズンブレイク」や「ロスト」など次々手を出していたので、きっとそっち方面に向かっても毎日楽しい日々を送れるような気がするのだが、なんだか今は日本のドラマを観ていたい。字幕を追うのが疲れて集中力が続かないという情けない理由もある。

しかし日々日本のドラマや映画を観ていることで、端役だった俳優が頭角を現してきたり、この俳優好きだなあと思っていたらどんどん売れてきたり、あまり名を知られていない俳優まで網羅し始めてドラマの脇の脇の脇で出演している俳優もほとんど分かりますみたいな状況が自分的には面白くてたまらない。脚本家や監督(演出家)も然り。ちなみに、え?この俳優とこの俳優が共演??まじで??すげー!!みたいなのも大好きだ。

話はズレまくっているが、今期のドラマで一番良いなあと思っている俳優さんは有村架純だ。一つ一つの表情や台詞の言い方がたまらなく良い。有村架純だったからあの「中学聖日記」というドラマは成立したんだとすら思う。来週が最終回だ。あとは感想は書いていないが「今日から俺は!!」の賀来賢人がすごく好きだ。このドラマをきっかけに福田雄一作品だけじゃなくて色んな作品に出まくって主演しまくって欲しい。寂しいが楽しみな最終回ラッシュ。どうかどのドラマの最終回も最高でありますように。

家族旅行とビデオカメラ

ちょっと前、飛行機に乗って家族旅行に行ってきた。

行き先は、初めてではないがほとんど知らない都市だ。

とんでもなく不便な場所にホテルをとってしまいなかなかに大変だったが、まあそれも旅の内ということで自分をなぐさめる。子供達を連れて行きたいテーマパークがその都市にはあり、そこに行くのが大きな目的だった。

iPhoneで手軽に動画を撮れるから滅多に使わないけれど、せっかくの旅行なのでビデオカメラで子供達を撮影することにした。

細部まで作り込まれたテーマパーク内、はしゃぐ子供、綺麗な景色、色んな情景が目に飛び込んでくるが、当たり前だが見たままをビデオカメラで撮影することは出来ない。子供の動きを追うとパーク内が雑に映り、パーク内をメインとすると子供達に静止画みたいにじっとしてることを要求してしまい結果つまらない画になる。子供達とパーク内を別々に撮影してもみたが、なんか微妙なのである。パーク内だけ景色だけ映したところで、それを見返したときに全然面白くないのである。

試行錯誤してみたが結局上手い撮り方が分からないまま旅行は終わってしまった。

この長方形の世界に物語を、人生を、雄大な景色を、自然の摂理を、その他色々を、映し出す映像の世界ってとんでもなく難しく奥深くセンス溢れる世界なんだとこの旅行をきっかけに改めて気付いたのだ。完成されたものを見てあーだこーだと言うのは簡単で、そりゃなんでもそうなんだけれども、特に興味のあるドラマや映画の世界のことだから尚更思ったのである。こりゃあ凄い世界だなと。ど素人がちょっとホームビデオ撮っただけで感じるこの奥深さをもし10代や20代に知ったならば私は確実に映像を作る世界に没頭していただろう。

余談だが、映像の魅力を知ると同時に思ったのは目ってすごいなってことで。2つのレンズで映し出すことによって広い視界と奥行きを感じることが出来て、そのおかげで私達は何とも豊潤な世界を味わうことが出来るのだ。生物というものは想像をはるかに超えためちゃくちゃハイスペックな物体なのである。この物体に生まれることが出来ただけで、なんだかもう凄いことのような気がする。その上人間は思考したり想像したり創造したりすることも出来るのだ。もうめちゃめちゃ凄いなよく考えると。

あれ?とんでもなく話が飛んでよく分からなくなったところでおしまいにした方がいい気がしてきました。まるで中二病の文章だな。

あ、旅行自体はとても楽しかったです。家族旅行なんてしょっちゅう行けるものでもないので、貴重な時間を満喫しました。でも旅行ってさ、旅行から帰ってきて、あーやっぱりお家が一番だねーって思う瞬間が醍醐味じゃない?

大恋愛〜僕を忘れる君と 9話 感想

この9話の展開の早さはもちろん作り手の意図で、ドラマの流れと尚(戸田恵梨香)の記憶の在りようが同じなのであろう。ダイジェストのように細切れのエピソードで連なる数年間。尚にとっては妊娠も母親の再婚も出産も育児もマイホームも、全てのことは記憶ではなく記録でしかないのだ。思い出として残ることは決してない。どんなに嬉しかったことも次の日には覚えていない。出産したとき、子供が立ち上がったとき、歩いたとき、初めて話した言葉…。思い出にはないけれどきっと尚はたくさんのたくさんのメモの中にそれを記録してきたんじゃないかって。そうして母親の愛情を何とか保っていたんじゃないかって。そんな風に思って、そしてそれを見続けてきた真司(ムロツヨシ)のことを思って、たまらない気持ちになる。

思い出だけじゃない。日常のこと、自分の身支度さえも出来なくなってしまう。序盤のシャツのボタンのかけ違いから、マイホームに引っ越した頃には髪をセットすることが出来なくなっていて、それから靴下や靴を履くことが出来なくなって…。虚ろな目でぼーっとしている尚には一体どのくらいの感情が残されているのだろうか。

真司も辛すぎる。辛すぎる日常で辛いとは言えない毎日を送ってきたんだろう。それでも尚と一緒にいたいと思いながらもどれだけの孤独を耐えてきたのか。どことなく憔悴しきったように見える真司の表情ひとつひとつにダイジェストの裏の真司の努力と苦労が見えるようだ。

そしてドラマの前半では2人を結び付ける役目を果たしていた〈小説〉という存在が、後半になるにつれてどんどん2人の苦悩の元として描かれていく。

「あの人は本物のあげまんだな」

「本物と偽物があるんすか?」

「何かで読んだけど 本物は自分を滅ぼしながら男を上げるんだってよ」

「自分滅ぼさないと本物じゃないんすか?」

「自分を滅ぼすくらいだから 押し上げるパワーも半端ないわけよ 世界に羽ばたいた天才の陰には必ずひっそりと滅んでいった女がいるらしいぜ」

まんま尚自身のことでしかないこの台詞の意味を正直図りあぐねている。尻切れトンボで続編を終わらせてしまった真司のこれからに関わる台詞なのだろうか。切っても切れない尚と真司と小説。“献身的に妻を支える夫”と“小説家としての業”を並んで描くことで何ともオリジナリティのあるドラマとなった本作だがもう来週で終わってしまう。

家を出て行った尚はどこへ向かったのだろうか。最終回どこにどんな風に落とし所をつけるのかとても興味がある。予告のビデオレターみたいなのでもう泣けて泣けて仕方ないような気がするが、とにかく来週を楽しみに待ちたい。

獣になれない私たち 9話 感想

面白さが止まらない9話。本作はとことんリアルを追求しているのか。現代に生きる人達の苦悩を簡単には解決させない。晶(新垣結衣)が会社で吠えたって何にも変わらない。あれだけ晶に頼りきっていた社員達も晶に追従しようとはしない。佐久間(近藤公園)でさえも…。代わりはいくらでもいるどうとでもなるっていう九十九(山内圭哉)の言葉はシビアだが真実でもあってさ、この台詞を書く野木亜紀子さんって本当に腰を据えているっていうかなんというか。大熊さんの反乱もあっけなく幕を閉じ、もちろん恒星(松田龍平)も粉飾決算からは逃がれられない。社会はそうやって回っている。個人の正義感も血の滲むような努力も忍耐も、一世一代の決心だってあっという間に無かったことになるんだ。

そんな社会の一員になれると役に立てると、皮肉にも頑張ろうと決意した朱里(黒木華)も九十九の前にあっけなく散る。あそこで踏ん張れないのが朱里なんだよ。短い付き合い(いやある意味長い付き合いか)ながらも晶はそれを知っているからこそフォローしたかったんだ。心からフォローしたかったんだよなあ。今までずっと耐えてきた社長に吠えたのは自分のためじゃなくて朱里を思って悲しくて怒りがこみ上げてきたからで、そんないつまでもどこまでも晶は晶なところがもう一周して愛おしくてたまらないし。とにかくみんな幸せになってよ!!って思わずにいられないよ。

役目を終えたかのように京谷(田中圭)の立ち位置はよく分からない感じになっているけれど、きっと京谷は京谷なりに最終回何かにちゃんと決着をつけるんだろう。何気に1番騒動が大きい呉羽(菊地凛子)も然り。

最終回に向けて一気に色々と巻き起こった9話であるが、個人的なハイライトは晶と朱里のこの会話。

朱「ずう〜っと1人で生きて行くの?」

晶「1人なのかな?」

晶「例えば 今は2人 私と朱里さん。さっきは3人でビールを飲んだ。お母さんじゃないけどお母さんみたいな人と『また飲もう』って約束した。会社の同僚と 仕事のことで一緒になって喜んで 女同士で1000回のハグ。この前は飲み友達の部屋で夜通しゲームして 朝のコーヒーを飲んだ。そういう 一つ一つを大事にして行ったら 生きて行けるんじゃないかな。1人じゃ ない。…んじゃないかな。フッ甘い?」

朱「ううん。」

朱「ありかも。」

晶「電気消すよ。」

朱「はーい。」

朱「それでも…。愛されたいな 私は。」

朱「おやすみ!」

会社、マスコミ、ワンマン社長、不正、搾取、色んなものに抗ってもどうにもならないちっぽけな私達が、それでも自分らしく生きるために試行錯誤していく。そんな中で抗えない一番大きい存在は「世間の目」だ。誰が作ったんだか分からないがとてつもなく強大な存在でいつもどこかでそれに見張られているような逃げても逃げても追い詰められるような…。そんなものに対して晶が出した一つの答え。1人でも孤独じゃないって。京谷と別れてしまったら自分の人生が終わるんじゃないかと怖くて仕方なかった晶が、恒星と出会い呉羽と出会い千春さん(田中美佐子)と出会い朱里と出会って、そうして手にした強さ。素敵なドラマだと思った。そしてそれに対比するように「愛されたい」とつぶやく朱里の切実さがその後の展開と相まって辛い…。

大切な物を守ろうとしてあえなく玉砕した晶と恒星は一夜をともにした。松田龍平の綺麗な背中に見惚れつつ、そういえばガッキーのこんな濡れ場みたいなの初めて見たなと思いつつ、「間違った?」の晶の台詞に間違ったの晶?と笑いつつ、兎にも角にも最終回が楽しみで仕方ないのである。

中学聖日記 9話 感想

聖(有村架純)が自分の気持ちに素直になるためにはこんなにも枷が必要だったんだなの9話。晶(岡田健史)を追いかけてフェリーに乗り込んだ時点でもう自分の気持ち認めると思うじゃない。フェリーを降りて、晶がもういいですと言っても後に付いて行って、一緒にお父さん探して…。もう好きで離れたくないだけのただの女なのに、あくまでも教師と生徒であると周囲に告げる様は哀れを通り越して滑稽ですらある。晶もやってらんないよたまんないよ。

それでも思いがけず2人乗りした自転車で海沿いを走る。晶の腰をぎゅーっとする聖。このまま時間が止まってしまえばいいと聖の心の声が聞こえてきそうだ。一瞬晶を受け入れたかのように見えて晶が進学しないと聞くとすぐ我にかえる臆病な聖。勝太郎(町田啓太)からの電話で完全に尻込みしてしまう。ここにきて晶は完全に聖に振り回されていて気の毒の一言だ。しかしここでは終わらない。フェリーは欠航、お祭りで宿泊施設は満室、なんとかキャンプ場のバンガローを特別に開けてもらうが、遠い、雨降る、道に迷いがちなところに拍車をかけて地図落とす、拾おうとして滑り落ちる、足捻る、スマホ圏外、聖ピンチ。「何やってんだ自分」の惨めさオンパレードで、そんな時晶が助けに来たら、それはもう流石に素直になるしかないのである。やっと素直になれた聖。今まで聖が背負ってきたものの重みを感じて、切なくて、そして晶に気持ちを伝えられて本当に良かったと心から思って、とにかくあの小屋のシーンは最高だったのである。

勝太郎と原口さん(吉田羊)は晶の家出の一件が思わぬ火種となってしまう。私の大好きな原口さんが幸せにならない結末なんて見たくないのに。勝太郎が「聖」という単語を口にする度に原口さんせっつない表情してたもんなあ。気付けよ勝太郎。そして嫉妬から逃げないでよ原口さん。勝太郎がやっぱり聖が好きだエンドは嫌だなー。原口さんとの幸せをこんなに心から願ってるんだけどなあ…。

来週が最終回かと思ったらあと2回あるじゃないですか。本来の目的を見失った愛子(夏川結衣)はとことん暴走するのだろうか。来週が待ち遠しくて仕方ない。

僕らは奇跡でできている 9話 感想

色んな感情が渦巻く9話。ずっと小出しにしてきた樫野木(要潤)のエピソードと心情がついに爆発した。自分を守るために他人を傷付ける。やってはいけないことだけれども思わずそうしてしまう気持ちは分かるよな。樫野木と家族の間にどんな背景があったのかは分からないが「フィールドワークやってた頃のパパが1番格好良かった」の樫野木の衝撃度は伝わった。フィールドワークだったり色んなことを諦めることで家族を大切にしているつもりだったのかな。離婚の原因にもそれが関係あるのか元妻の再婚相手が夢を追う男(今無職)だという事実も受け入れられないようだ。辛そうな樫野木。辛さが限界点に達して思わず口から出た一輝(高橋一生)への辛辣過ぎる言葉。言われた一輝も言った樫野木も深く傷付いただろう。傷付いた2人がそれぞれに出す答えを待ちたい。きっとどちらも素敵な答えなんだと思う。

あともう一つ、一輝が「面白い」と名付けた育実(榮倉奈々)に対する気持ち。たぶんそれは“恋”じゃないの?と言いたくなるような気もするが、それは置いておこう。一輝が発見したこの愛おしい感情が最終回どんな風に身を結ぶのかを楽しみにしている。そのまま今の気持ちを持ち続けるのか、それとも気持ちが発展していくのか、どちらにしても一輝らしいユニークな結末になるとは思うけれど。

来週が最終回。1話から今までずっと見事な展開だった。一貫して流れる人に対する優しい肯定感みたいなものを9話で一旦容赦なくぶっ壊すような言葉を吐かせてまで最終回に伝えたい何かがあるんだろうな。

「おじいちゃん 僕が連れて帰ってもいい?」

「カメは どうしたいのかな?」

「カメに聞いてくる」

「うん」

冒頭のジョージとのエピソードがキーワードなんだろう。殻に閉じこもるように自分と自分の好きなことを大切に生きてきた一輝が大学の講師になり、色んな人達との関係の中で他人と関わる喜びを知っていった。フィールドワークみたいに色んな感情にさせてくれる育実にも出会えて、長い間不思議だった山田さんとの関係もひと段落した。そうして一輝の光を受けて周囲の人達の気持ちもレゴリスみたいに四方八方に反射していった。それはポジティブなものもあるしネガティブなものもある。自分に色んな感情があり他者にも色んな感情がある。他人の気持ちを受け止める。他人の気持ちを考える。それが一輝にとってのもう一段階で、最終回一輝はその謎を解くのだと思う。橋を渡って、渡ったその先の姿をきっと見せてくれるはずだ。来週も楽しみだ。