ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

メゾン・ド・ポリス 6話 感想

ちょっといつもと趣向を変えたほぼほぼシェアハウス内で展開した6話。事件も殺人ではなくいつもよりライト。その分コメディ色も強くおじさまのワチャワチャも多めで見ていてほっこり。ひより(高畑充希)と夏目(西島秀俊)の信頼関係もぐんぐん高まり、メゾン・ド・ポリスwithひよりの連帯感も最高潮。と、盛り上げてね、盛り上がるだけ盛り上げてね、あのラストだよ。きたきたダークサイドだよ。

高平「なんか潜入捜査みたい ねっ どうやって使うんだっけ?夏目君」

ひより「大丈夫ですかね?高平さん」

伊達「うん 高平さんにしか分からないこともありますよ 特にこの事件は高平さんに向いていると思います」

捜査経験のない高平(小日向文世)がはしゃいでひよりが心配して伊達が高平なら家族のことがよく分かるから大丈夫ですよと言っている風なこの何気ない台詞達も、“潜入捜査”やら“高平さんにしか分からない”やら、暗喩か?高平公安のスパイか?と大げさなくらいに勘繰ってしまう自分がいます。夏目の殺人はきっと事情があることだと予測は付くが、ひよりの父親の事件の裏には何が隠されているのだろうか。ひよりの家に仕掛けられた盗聴器はもう瀬川(竜星涼)しか思いあたらないが、おじさま達のダークサイドは全然予想が付かない。それともそうかもしれないと見せかけておじさま全員裏はなくてメゾン・ド・ポリスwithひより対警察組織という構図になるのだろうか。とにかく来週も楽しみだー。

3年A組ー今から皆さんは、人質ですー 6話 感想

今回は一颯(菅田将暉)の説教シーンに見入ってしまった。すごい迫力だったな。ストーリー自体は陳腐さが抜けきらないのであるが、菅田将暉のお芝居の力で説得力を持たせている。とはいえ今回は物語自体には動きは少なかったな。先週から展開が変わりなんだかんだと先が気になるので、次週以降どんな風に話が転がっていくのかちょっと楽しみにしています。

せっかく大筋の展開は面白くなりそうなんだけれど、相変わらず細部が雑過ぎるのが本当にネック。あなたは病気でこれ以上水泳は続けられないというのと、彼氏との盗撮写真をばらまかれて彼氏といちゃついてる奴はもう必要ないから練習に来るなというのと、将来的にどちらが彼女が納得出来るかは一目瞭然だ。どうしても動画を投稿させるあの下りをやりたかったのであれば他にもエピソードは作れたように思う。いっつも何だか勿体ないなあ〜ってどうしても思ってしまう。あまりネガティブなこと書き続けたくないんだけれど。菅田将暉のドラマを面白くしたいという熱意はものすごく感じるので、どうか後半文句も言えないくらい面白くなりますように。

グッドワイフ 5話 感想

毎回毎回高いクオリティを保ちますな。今回でよりチーム感も高まりますます今後の展開が楽しみになる5話。法廷シーンはなかったが、2件の離婚話を同時進行させながら巧みに展開していくストーリーは変わらず見応えがあった。回が進むごとに脇坂(吉田鋼太郎)の小物感が際立つのも面白い。なぜか憎めないキャラクターで、こういう役吉田鋼太郎上手いなあ。対比するように壮一郎(唐沢寿明)や多田(小泉孝太郎)の正体は謎めいたままだ。黒だと思えば白、白だと思えば黒になりそうな登場人物が壮一郎や多田以外にもごっそりいる本作は片時も目が離せないのである。来週はついに壮一郎が保釈されるようだ。杏子(常盤貴子)は壮一郎とじっくり向き合わざるを得なくなりどうするのか、多田の動きも気になるなあ。今後の展開が本当に楽しみ。

みかづき 3話 感想

本当に不器用過ぎる夫婦だな!!の3話。どっちだって相手のことを家族のことを思っている。未来の子供達のことを考えている。それなのに上手くいかない。本を貸してくれた人を聞かれて本の作者を教えて、次は間違えないと思って本を貸してくれた人を教えたら本の作者を聞かれていた。この1コマに吾郎(高橋一生)と千秋(永作博美)の関係性が的確に表現されているような気がする。

千秋「時代は変わったの。」

吾郎「変わったのは君だ。君は変わってしまった。」

千秋「変わるしかないでしょう?あなたが変わらないんだったら私が変わるしかないじゃない!何が『スホムリンスキーを追いかけて』よ。本当は何を追いかけてんのか。あなたがスホムリンスキーで忙しい時にこっちがどんなに大変か!何も知らないくせに!」

吾郎「何のことだよ。」

どうして何も相談してくれないんだとか、僕だって力になりたいとか、あの女は何?どういう関係?何かあったの?とか、本当に言いたいことや聞きたいことを言えないし聞けないからお互いにこんな言い合いしか出来ない。すれ違うことしか出来ない。分かっちゃいるけど自分じゃもうどうしようもない域までいってしまった2人は頼子(風吹ジュン)との別れを経てついに離れてしまう。吾郎が出ていったその日、別々の場所で2人は同じ月を見上げている。

次週は再生の回になるのだろうか。駆け足で描かれる吾郎と千秋の人生だが、物語からも高橋一生永作博美のお芝居の応酬からも目が離せない。来週も楽しみだ。

フルーツ宅配便 5話 感想

えみ(仲里依紗)を救うどころかそれ一番言っちゃいけないやつだよ咲田(濱田岳)な5話。シュールに牛の乳を絞ってる場合じゃないよ。しかし真実を告げられて動揺する咲田の気持ちにも同情はしたい。そりゃお仕着せの言葉にもなっちゃうかもしれないな、重すぎるえみの現実を咀嚼する余裕もなかったもんな、と今のところとにかく悶々とするしかない。対比するようにスダチ(内田慈)の“直引き”というルール違反に対するミスジ(松尾スズキ)のケリの付け方のお見事さったらね。まだまだ甘い咲田、しかし本作は12話もあるのだ。ゆっくりと咲田を見守っていきます。それでもってあのエンディングはなんだよ。あれはあれで悶々とするじゃないか。悶々回かよ。とにかく来週も楽しみだ。

トクサツガガガ 4話 感想

ただみんなでカラオケで歌って踊るだけで何なのあのカタルシス。俳優さんのやりきった感も素晴らしく。好きなものに夢中になるって最高だしそれを分かち合えるって本当に最高で幸せなことなんだなと思わせてくれた。それ以外にも、ダミアンの名言でそうだよなあとしみじみし、叶(小芝風花)が勇気を出して自分から行動することで広がっていく世界に感動し、北代さん(木南晴夏)とみやびさん(吉田美佳子)がごめんなさいと言い合って関係を修復する姿にほっこりする。どれもこれも些細な日常の事柄なんだけれどみんな1回や2回経験しているような小さな後悔(あーあのとき自分から声かけてれば良かったなとか、あー気まずくてもやっぱりあのときちゃんと謝れば良かったなとか)を拾いあげて行動にして見せてくれる。Eテレの子供向け道徳番組でしかお目にかかれないシンプルで大切なことを大人になった私達に教えてくれる稀有なドラマだ。

右肩上がりに面白くなり、いよいよゲンカ将軍こと叶の母親に物語が展開していくのだろうか。今期イチオシの本作、来週が待ち遠しい。

メゾン・ド・ポリス 5話 感想

前回ラストの夏目(西島秀俊)の意味深な台詞はフィーチャーされないままの5話。ひより(高畑充希)の父親の件が小出し過ぎるー。

とまあ、それは置いておき今回の事件はなかなかにやるせない結末であった。春子さん(島かおり)はあの男に復讐を遂げた後自首をするつもりだったのだろうか、それとも余生を息子同然の3人と暮らすつもりだったのか。自分の意思がどこにあったのかさえも分からなくさせる認知症の怖さ。そして娘と夫が死んでしまった後、自分もずっと死んだように生きていたが復讐相手を近くに置くことで生きる活力になったという春子さんの告白に言い様のない気持ちが募る。彼女が最後に作り置いたカレーライスを前に子供のように泣きじゃくる3人を見つめるひよりの後ろ姿も印象的だ。そしてだからこそ恒例とは言え完落ちパーティーにはほんの少しの違和感がね。初めてのひより主導での事件解決でおめでとうってことなんだろうけれど。ちなみにごくごく個人的な意見としては洗濯室には餃子は持ってきて欲しくない。

物語は折り返し地点。ひよりの父親の事件はラスト2話くらいまでは小出し小出しで引っ張るだろうから、あと2〜3話はわちゃわちゃとしたおじさま達を楽しめるのかな。一見いちばん人畜無害な高平(小日向文世)がそのキャラを貫き通すのかそれともいつか豹変するのか、ちょっと気になっています。来週も楽しみ。