ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、ビール片手に。

健康で文化的な最低限度の生活 4話

安達祐実の追い詰められた目がすごかった。

シングルマザーの複雑な感情と苦悩が良く伝わるお話でした。

シングルマザーのお話というと、坂元裕二の「woman」が大好きで一番印象的なんだけれど、共感するのは今回の安達祐実の演じたシングルマザーかもしれない。

とにかく自分の感情に追い詰められる感じ、周りが見えなくなる感じ、子供に当たってしまう感じが、他人事じゃないなシングルマザーじゃないけど自分にもすごく思い当たる感情だなって思った。

そんで七条(山田裕貴)みたいな人にもよく出くわす。

努力至上主義というか、みんながみんな頑張ることが出来ると思っている人。

悪い人ではないが、関わるとしんどくなることがある。

安達祐実はまさにそれで、山田裕貴の言葉でどんどん追い詰められていく。

安達祐実が表情でもってそれをとてもリアルに視聴者に伝える。

しかし寸前で、係長(田中圭)が七条に気付かせてくれる。

頑張ってる母親より頑張ってない母親のほうが好きだっただろ?と。

同じ母子家庭で育ったと思われる係長から七条へのアドバイスで七条は思い出したんだろうな。

頑張って余裕がない母親に子供ながらに精一杯気を使っていたこと、たまに見せるダラリとした母親の姿になんだかほっとしていた自分のこと…。

七条はその思いを素直に安達祐実に伝える。

この七条の真っ直ぐな性格が、安達祐実を追い詰めもするし救いもする。

その描写がなんだか興味深かったな。

今回は主役のえみる(吉岡里帆)の出番は最低限だ。

そして阿久沢(遠藤憲一)の娘が手紙の印象とは真逆のキャラクターで登場してちょっと笑った。

娘役の阿部純子好き。

これから物語にどう絡んでいくのかな。

このドラマはリアルとご都合主義のバランスが微妙な感じで成り立っていて、そのバランスがもう少し整えば抜群に面白くなりそうなのにな。

期待して来週も観ます。