ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

アンサング・シンデレラ 2話 感想

あれ。おかしいな。

もう少し面白くなりそうな予感だったのに。

2話は3つくらいエピソードを重ねて、同時進行で見せていくスタイルであったが、重ねる意味がよく分からなかったな。

麻薬取締官が突然調査に来ることになって、そんな日に限って薬品が1つ足りなくて、まずいよまずいよ大慌てだって真矢みきとでんでんが随分とコミカルに演じておったけれどもさ。どこにもつながらないこのエピソードそもそも必要だったの?尺の関係?

f:id:nao0911s:20200726154809j:plain

随分コミカルな真矢みき☝️

f:id:nao0911s:20200726143438j:plain

随分コミカルなでんでん☝️

 

その他患者エピソードが2つあって、小林隆が20年会っていなかった娘に迷惑かけらんないって逆に迷惑かけまくっちゃう話と、10秒くらいで終わる薬の説明を効率化重視っつって端折ったばかりに母親を悶々とさせる話。どっちも薬剤師、というか葵(石原さとみ)を活躍させるためとはいえ、無理があり過ぎるよう。無理があり過ぎてストーリーが全然入ってこないよう。

まぁだけれども、この2つのエピソードに共通する患者さん一人一人にそんなに時間をかけてはいられない問題と、そこに立ち向かおうとする葵の姿を一見対立するように見せて、患者にとってはどっちも必要で大切だよねと、ラストで効率重視の刈谷(桜井ゆき)と葵が並んで仕事をするシーンで表す構成は良かったな。雑な作りだけれど、患者のその後を描くエンディングといい、好きなところもたくさんあるドラマだ。

 

余談だが、葵の上司役の田中圭の清々しさがいい。田中圭って売れてもあんまり役柄が固定されない珍しい俳優さんだよな。主役のときも脇役のときもシームレスで存在感が変わらないし、どんな役にも馴染みっぷりがすごい。はるたんでブレイクする前から色んな作品に出続けている理由がそこにあるんだろうな。

 

内容的には早くも2話でちょっとずっこけちゃって、きっと毎回つっこみどころもあるのだろうが、そんな田中圭と今後の展開を楽しみに、次回も観るぞー。