ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

凪のお暇 4話 感想

誰も太刀打ちなんて出来そうにないゴン(中村倫也)をこれでもかと堪能する4話。これは無理。こんなのハマらない女はいないよ無理だよ。関わらないことしか逃げ道はなかったけれど凪はお隣さんだもん、もうしょーがない。どうしようもない。きっと香水なんかつけてなくてもいい匂いがするんだろうなとか、キスが尋常じゃないくらい上手いんだろうなとか、Hのときもすごく優しくてサービス精神旺盛なんだろうなとか、もう次から次へと妄想が溢れてくる。しつこいけれどこれは無理。トントン拍子に凪は深みへ深みへと…。

しかしそんな隙間に思い出す慎二(高橋一生)との出会い。バスに居合わせたのは本当に偶然だったのかなーと想像を巡らせてしまうくらいに慎二の凪を見る目がもう凪を好きな目で、あーこんな風に始まったんだ、凪は流されるがままで、最初から好きで好きでたまらないのは慎二だけだったんだって改めて思い知らされる回想に、切なさが溢れる。慎二も慎二でなんなんだよ一体。こんなに好きな人をどうして大切にできないんだよ、どれだけ自分で自分の幸せを拗らせてるんだよ。凪はゴンに出会ってこんなに気持ちいいの初めてとか会いたくて会いたくて震えるのは都市伝説だと思ってたとか言ってんぞ。慎二的には何気に残酷なことばっかり言われてんぞ。全く今まで何をやってたんだ。

あっちを見ても、こっちを見ても、しんどい人だらけの世界。自分を見失なった凪の世界にはゴンしかいない。心配する坂本さん(市川実日子)の言葉も凪には耳障りなだけだ。痛々しさが満載の描写が続いてもう勘弁してくださいと思う中、ゴンの部屋での慎二の可愛らしさが一瞬の救いで、その後がもう…。痛々しい凪よりもっと痛そうな慎二がいて、凪をどうしてあげることも出来ない慎二の感情を思ってうわーってなるラスト。毎週泣いてる慎二の一番苦しい涙がそこにあるけれど、本当の慎二の気持ちを知らない凪の目にはそんな風に泣く慎二がどう映っているんだろう。

どんどん面白さに拍車がかかるよ。新しく登場した市川円(唐田えりか)や、なぜかいつも慎二の姿を見かけるみすずさん(吉田羊)が今後の物語にどう関わってくるのかな。次回が楽しみ過ぎるし、もう1人の主役だろってくらいに存在感を発揮しまくる高橋一生から目が離せないし、早く次の金曜日が来ないかな。待ち遠しいな。