ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

きのう何食べた? 3話 感想

ゲイと犯罪者を同列に並べたり、どんな女なら大丈夫なんだ?と無邪気に聞いたり、ズレまくっているシロさん(西島秀俊)の母と父。それでもシロさんを大切に思っている気持ちも分かるからシロさんは余計に複雑だろう。正しく理解されないことのしんどさって本当に疲れるし消耗するし、それがましてや家族だし。更にシロさん父に食道ガンが見つかるという。ケンジ(内野聖陽)はそんなシロさんを見て力になりたいと思いつつ、何も話してくれないシロさんにはがゆい思いだ。

「ふだんそっけなくてもさ 大事な話はしてくれるんでしょ? そっちのほうがいいじゃない。」

そんな風に思うケンジの心情が切実で、でも決して無理強いもしないような本当に繊細な関係性の中で少しずつ家族になっていくしかないような、結婚って制度のおかげで否が応でも家族になるってことの利便性はあって異性同士なら普通にその制度を活用できるのに、同性同士でそれが出来ないやるせなさとかもどかしさとかなんだか勝手にいっぱい考えてしまった。そのケンジの一言で。だからシロさんがケンジに勇気出して「話聞いて欲しい。聞いてくれるだけでいいから」って言ったことが、それを聞いたケンジが嬉しくて涙ぐむ姿が、本当に本当に嬉しくてたまらない。

そしてそんな本筋の合間にシロさん、ひょんなことからゲイの小日向さん(山本耕史)に出会う。ラインのふるふるは反則でしょ、笑いが止まらない。ジルベール似の美少年と小日向さんの回想シーンも然りで、山本耕史が面白過ぎる。次の登場も楽しみです。

今回の料理はコールスローと鶏肉のトマト煮。トマト煮はチーズを入れるとコクが出てまろやかになるのか〜。今回も美味しそうでした。次回はどんな料理が出てくるのかな。