ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

大恋愛〜僕を忘れる君と 8話 感想

前半に比べると少し停滞気味の後半。物語に緩急をつけるために登場した松尾(小池徹平)も随分中途半端なままあっさりと退場してしまった。連ドラを最初から最後まで面白く観せるのは本当に大変なことなのだと思う。そりゃそうだよな。0から人間の人生を作り出して尚且つポジティブでもネガティヴでもとにかく面白い出来事が起き続けなきゃいけなくて、しかもある程度リアリティがないといけなくて…。作り手の方々には頭が下がります。ちょっと停滞するくらい、ちょっと不必要な喧嘩エピソードが入るくらい、そんくらいで文句を言っちゃいけないのである。

ということで、無駄に水野(木南晴夏)が尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の家に入ろうが、それが元で無駄に2人が喧嘩しようが、それで良いのだ。喧嘩のエピソードで尚の孤独感や寂しさがより一層強調されたし、松尾との話の下りで尚が機転の利くとても頭の良い人間であることが改めて分かったしそんな尚が何もかも忘れてしまうということの何ともいえない恐怖と悲しみが伝わったし。前回では忘れられていく思い出に真司が打ちひしがられていたが、今回でやはり1番辛く苦しいのは誰でもない尚なんだと真司の目を通して視聴者も実感したのだ。

次週は2人の赤ちゃんが登場するようで、薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)も既に付き合ってる風味だったような。毎度毎度思うけれどこのドラマ、予告のサービス精神旺盛過ぎじゃないですかね。

あと2回。真司は続編を本当に「もういちど第1章から」にするのだろうか。その題名微妙だよね?紆余曲折あって「大恋愛〜僕を忘れる君と」になるんだよね?地味に気になる案件だが、そんなことより尚の人生、真司の人生を余計なエピソードは挟まずにしっかりと観せて欲しい。