ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

ほんのり春ドラマの感想

ここ最近はブログの更新もまばらで、これがモチベーションの低下というやつかと思いつつ、いや違うのよ、気持ちは書きたいんだけれど文章が思い浮かばないっていう謎の事態に陥ってるのよ。困ったもんで。気付けば春ドラマも佳境をむかえ、かろうじて感想を書いているのは「きのう何食べた?」と「わたし、定時で帰ります。」だけになっちゃった(その2つさえも滞り気味)。しかし感想を書いてないながらも地味に色々と視聴しております。ネットの評判とだいたい同じで今期面白いのは上記2つと土2330「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」だ。「腐女子…」はセクシャルマイノリティーの苦しみを高校生の視点から描くことで、とても繊細で、かなり残酷で、そして何とも熱いドラマになっております。今週の土曜日(6/8)最終回をむかえますよ!

その他何となく観ているのは

パーフェクトワールド」火21

最初の方だけ感想書いたなあ。普通に毎週楽しく観るはずだったのだけれどどんどん面白くなくなっていくので、どこまで面白くなくなっていくのかを楽しみにしている。性格ワルっ。色んな登場人物がいるのにさしてグチャグチャもせず、せっかく障がい者のリアルに触れたと思ったら本当に触れただけで深掘りはしてくれない。何もかもサラサラと通り過ぎていくよ。

「インハンド 」金22

これも最初の方で感想書くのやめてしまった。しかしこっちは毎週楽しく観ている。すごく面白いわけではないが、視聴を継続するくらいには面白い。ってなんか紐倉みたいに上から目線だな。期待していた程には毎週のエピソードが盛り上がらない、私の中で。これはたぶん好みの問題。

「デジタルタトゥー」土21

録画して未見。面白そうなのでそのうち観る。

「あなたの番です」日2230

どんなオチを付けるのかが気になって観てしまう系のドラマだ。田中圭演じる翔太がなぜあんなにぶりっ子でイラつくキャラクターなのかが良く分からない。田中圭はきっと適切な役作りをしているんだろうから、この純真無垢キャラがいつか豹変するんだろうね。その落差を付けるための敢えてのぶりっ子演技なんだろうね。毎週死に過ぎなくらいに人が死ぬ本作は何と2クール。最終回には誰も残ってないんじゃないかといらぬ心配をしております。

 

その他、春ドラマが始まる前に面白そうと期待していたあれやこれやのドラマ(俺のスカート〜、ミストレス、集団左遷、ラジエーションハウスetc)は個人的にはことごとく面白くなくて視聴を離脱してしまいました。東京独身男子もそんななかの1つですが、高橋一生が出てる、その一点のみで頑張って視聴を続けております。

そんな連ドラライフを送っている中、WOWOWで「坂の途中の家」という柴咲コウ主演の連ドラがありまして。全6話でつい最近最終回をむかえたんだけれどね、これがもう圧倒的な面白さだったのです。普段は地上波の連ドラの感想を中心にブログを書いているんだけれど、これだけは書かずにいられないほどで、観ることが出来る人はぜひ観て下さい。とても心に突き刺さるけれど同時にとても救われる。生後10ヶ月の我が子を湯船に落とし虐待死させた母親の裁判員裁判に補助裁判員として参加することになった女性が主人公です。“どこかの誰かが子供を殺してしまった”という自分とは関係ない遠い世界の話ではなく、これは私の、私の家族の、私の隣にいる人の、とても身近な物語でした。

そして、地上波連ドラも最終回に向けてそれぞれどう展開するのか楽しみにしています。