ビールを飲みながら

主に連ドラのこと、あと日々のこと、大好きなビールをお供に。

今のところ観た2019夏ドラマの感想

毎週感想を書きたいなっていうドラマはまだございませんので、まとめて初回観た感想を。

 

月21「監察医 朝顔」1話

お久しぶりの上野樹里時任三郎親子の生活をじっくり丁寧に見せる序盤で、このドラマが描きたいものはこの親子なのだということは分かった。しかしだからって1話完結の事件部分が雑過ぎない?もう少し事件のエピソードの方もこだわってくれないとバランスが悪くて観づらいなあ。

 

火22「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」1話

この間何となく「民生」を観直してて、ストーリーは面白いし何気に深いんだけどやっぱり演出苦手だなあって思ってたのよね。本作はそんな「民生」と同じ演出家木村ひさしがメイン。苦手だなあ。全体的なテイストがもう苦手。分かる人にだけ分かればいいっていうニッチなネタを随所に仕込んでくるところも苦手。ネタの入れ方が下品。以上です。ストーリーは面白いのかどうかまだ良く分からないから演出に慣れさえすれば毎週面白く観られるのかも。

 

水22「偽装不倫」1話

上野樹里に続きこちらもお久しぶりな杏。大好きな杏。この人のコメディ本当に好きだよ。ストーリーは全く面白くないけれどそんなの関係ねえ。本作に限っては杏を観るためだけに毎週欠かさず観るのだ。しかし感想はたぶん書きません。

 

木21「サインー法医学者 柚木貴志の事件ー」1話

録画して未視聴

 

木22「ルパンの娘」

振り切っていて面白い。個人的にはどんぐりと加藤諒がいまいち。深キョン瀬戸康史は最高。小沢真珠渡部篤郎はそれ以上に最高。ストーリーもテーマに深みがあるのでどんどん面白くなりそうです。

 

金2412「I TURN」1話

期待が高過ぎたのかなあ。あんまり面白くはなかった1話。ムロツヨシの俺今アドリブやってますよ感がちょっとだけ、苦手。

 

土22「ボイス 110緊急司令室」1話

韓国のドラマはあんまり観ないけれど映画は好きでけっこう観ている。過激でぶっ飛んでる作品が多く空気も独特で、どの作品も面白い面白くないに関わらず一度観たら忘れられないインパクトがあるのだ。そんな韓流をリメイクした本作は独特感だけをそのまま持ってきてしまい異様にちぐはぐだ。だって舞台は日本だしね。もう少し工夫が必要ではないですかね。真木よう子の滑舌には既にたくさんつっこみがあるのであえて触れないが、このドラマは全体的に色々と滑舌が悪いっす。

 

日21「ノーサイド・ゲーム」1話2話

池井戸作品が苦手な私にも本作は比較的観やすい。大泉洋の熱過ぎないキャラクターと言いたいことバッサリの松たか子の組み合わせも最高。毎回池井戸作品の“良妻賢母な妻”に辟易としていた私としては本作の松たか子は待ちわびていた妻像であります。ストーリーはもちろん予定調和だろうけど、その過程を今回は楽しく観ることが出来そう。

 

文句ばっかりの感想一覧になってしまいまして、否が応でもこれから始まる「凪のお暇」「これは経費で落ちません!」「だから私は推しました」「セミオトコ」に期待が高まります!!毎週感想書きたくなるような面白い作品がどうかありますように。